PR
Bookmark
Profile
Author:るーく/RooandQoo
beatmaniaIIDX
CN:MEADOW
SIRIUSからDPメイン。
☆12緑ランプ/未難15目指してます。
SPは☆12白くなったんで満足。


pop'n music
CN:ときわ
beat pop常備。
未クリア8(50、リナスケニエクラ9)

GF/DM
CN:よもぎ
GFスキル表
DMスキル表
最近ちょいちょいギターやってます。

Dance Dance Revolution
CN:OLIVE
たまーにやってます。

jubeat
CN:LAURIER
一応10は全S以上。機会がないとやらないです。

REFLEC BEAT
CN:VIRIDIAN
10鳥+フィルにしたい。
10+はAAフィルで安定。

SOUND VOLTEX
CN:FINCHES
好きな曲を頑張ってます。

クリア報告とか、思ったことをつらつら書きます。
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
PROFILE
LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | - |
    pagetop
    たまには雑記でも with IIDX
    近況的な / るーく
    0

      別に持論を持ってるわけじゃあないんですが、なんか色々と書き殴りたくなったので、書きます。

      どうやったら上手くなるかって結構ゲームやってると思うことだと思うんですよ。
      僕も恥ずかしながら毎日思ってますし、きっとランカーの方々も思ってることだと、思うんですよね。

      とりあえずIIDX始めてからここまでの軌跡を振り返りつつ、僕はどうやったらこの先へ進めるのか考えていくことにします。

      僕と音ゲーとの出会いは中1の10月くらいでした。

      嘘です。

      音ゲーって括りで話をすると、近所の兄ちゃんちでGOTTA2を見た もしくは姉が買ってきたパラッパラッパーが初めてです。

      それは置いといて

      ビートマニア っぽいものに初めて触れたのは本当に中1です。

      当時流行っていた(?)BM98を落として、BMSAで爆笑していた日々。

      そんなある日にbmsに出会いました。

      onokenさんのfelysを聴いて、これやばい!!となり、曲を探して突っ込んで、zsxdcで5鍵をプレーして、レベル4くらいができるレベルにはなりましたが、いつの日か僕はネトゲ廃人になり、bmsからは離れていきました。

      それからしばらくして、中3の夏。

      友人がIIDXCS5thを家に持ってきました。
      そこでVを聴いてからが僕のIIDXライフの始まりです。

      即座に7thを購入、アナコンで毎日チマチマやってました。

      8thが発売される頃に、専コンを購入。

      最初はVのシンメトリを両手の人差し指と中指で取ってキャッキャしていましたが、さてこれからどうしようとなった時、考えるべきは一つ、指の置き方。

      当時は1048式とか(存在はしてたと思いますが)、対象固定なんて言葉は全く知らなくて、皿を右にしてみたり、試行錯誤を繰り返していたのを覚えています。

      そこで思いついたのが、『左手に12Sを完全に任せて、残り5つは右手で処理すればいい』ということ。

      つまり、1左親、2左人、3右親、4右人、5右親人、6右中、7右薬

      という配置ですね。

      小指を使わないというのは、この頃からです。手の動きに無理があるのでやめました。

      運指を決め手からというもの、5鍵を右手だけで取る、というのはbmsの頃からやっていたため、ぐんぐん上達していきました。

      そんなこんなで中学卒業、晴れてゲーセンデビューをするわけです。

      僕の地域では中学生はゲーセンに入れなかったので、一度勇気を振り絞ってゲーセン入りした時に8thと10thが稼動してて、誰もやってない8thに1クレ入れて帰って以降、しばらくACとは離別していて、REDが稼動しているのを見たときはいたく感動しました。

      六段とって、すぐ始めたのは当時のLV8(今でいう9)をEASYで埋めること。
      これができてすぐ九段取れちゃったような気がします。

      ちなみに、ここでの名残が今もCHECKING YOU OUT(H)の紫ランプとして残っています。

      『何か一つ達成する』という目標設定と、それを達成した時の達成感って結構すごいと思うんですよ。
      だから僕は上手くなりたいって人にはまず『何かフォルダにランプを点けよう』と言ってます。

      単曲のクリア目標もいいんですが、やはり色々な譜面に触れるっていうのと、フォルダにランプが点く達成感を味わってもらいたいってのが大きいです。

      ハピスカが稼動してからは全曲の穴譜面プレーしましたし、☆10ノマゲつけようとか、☆11クリアしまくろうとか、そんな気持ちでプレーしていたような気がします。

      まぁ、☆10や11は誰しもが通過することだろうから今更言う事でもないような気がしますけど…。



      しばらくして、右手だけで5鍵を取る、ということに限界を感じ始めました。

      ここで考えた結果が、『左手親指を3に出張させる』ことでした。

      僕の運指はこれでほぼ確定、今に至ります。

      それからDDからRAまで色々なことがありましたが、毎回ちょびっとずつでも成長しているってことがわかります。

      DD終了時は点滅が冥嘆き桜、易がFAKEと蠍、未難がチェッキンラクエン壁プリドン零時⇒

      で、GOLD稼動してからVIP ROOMが登場した頃はキャンギャリ正規難落ちとかかましてたのに、終わってみれば未クリア嘆き、未難がFAXX冥。

      DJTになり、MENDESなんて無理だ、とか言ってたのに、終わる頃には嘆きにも白つけて未難2とか。(正直ここから伸びてる気はあまりしませんw

      Empで未難が2つも増えてイライラしつつも☆11FC増えたりとか、SIRでCNなんじゃこりゃとか言いつつ☆11FC増えたりDP楽しかったりとか、思い返すとキリがありませんがやっぱり成長してるんですね。



      ここまで振り返ってきて思うのが、やっぱり限界なんてないのかな、ってこと。
      正直SPには限界感じずにはいられませんが、希望は捨ててませんよ。

      で、結論。僕が思う上達法はコレ!

      ・楽しむこと
      やっぱ楽しくなきゃ続きません。モチベーション的な意味でも。
      クリアが増えないスコアが伸びない繋がらない。楽しくない時は勿論あります。
      けどやっぱ楽しむことを第一に考えないと駄目かな、って思いますね。

      ・問題点を見つけて解決法を探ること
      『このパターンで鍵盤が来たらこう取る』みたいなシミュレーションを自分の中で確立して、実践してみる。コレ結構大事だと思うんですよね。
      現に、右手だけで3鍵を取る余裕がなくなって左親に出張させたりとか、自分の中では大ヒットでしたし。
      今は345の同時を右手で処理できないのと、5にCNが来てて4に降ってきたら詰むとか問題は見えてるのに解決法が見つからないってとこで悩んでます。あとスコア力…。

      ・色んな人の話を聞いてみる
      音ゲー界には初心者からどえらい上手い人まで幅広い人がいます。
      幸い今ではTwitterとかで簡単にコミュニケーション取れる時代ですし、色んな人に話を聞いて自分の糧とするのも一つの手です。
      僕はいつも誰かに教えてもらって生きてます。僕もいつか誰かに何か伝えられるようになりたいものです。

      こんなところですかねー。

      気づいたら自分の音ゲー暦語って終わったような気がしないでもないですが、チラ裏がわりのブログなので別に問題ないでしょう。

      上手くなりたいなー。


      | comments(0) | - | - |
      pagetop
      << Innocent Walls | main | Light Shine >>
      スポンサーサイト
      - / スポンサードリンク
      0
        | - | - | - |
        pagetop










        09
        --
        1
        2
        3
        4
        5
        6
        7
        8
        9
        10
        11
        12
        13
        14
        15
        16
        17
        18
        19
        20
        21
        22
        23
        24
        25
        26
        27
        28
        29
        30
        --
        >>
        <<
        --